【アースデイちばの作り方】

2002年に始まったアースデイちばですが、今では『アースデイマーケット』や『土気サタデーマーケット』『太陽の市』『渚のファーマーズマーケット』などなど大小さまざまなお祭りが千葉県内でも増えて育ちつつあります。

今後は、それぞれのお祭りと連動していきたいと考えていますし。各地でそれぞれの地域でのアースデイのような地域や環境を配慮したお祭りが増えることを期待していますし、アースデイちばのスタッフにも製作過程が分かることで自由に参加できる範囲が増えると思いますので、少しづつアースデイちばの制作過程をアップしていきたいと思います。(東)

【1】日取りを決めます。

※スタッフ打合せをして次回の日取り・場所の候補日を決めます。

※この時にその場所の『天気出現率』と他イベントの動向をできるだけチェックします。天気出現率は、気象庁のデータにあります。ここ数十年の雨の確率が分かります。イベントを主催する人は、見ておいた方が良いです。

【2】公園事務所に、候補日が使用可能かお聞きします。

※アースデイちばの場合、GWを希望したこともあるのですが、公園側から通常利用で駐車場の利用率が高いのでお断りされたことがあります。

【3】千葉市に『後援申請』を行います。

※千葉市所有の公園をイベント利用する際には、ほぼ必須です。海浜幕張公園などを利用する場合は『千葉県』の後援が必要となります。

【4】公園事務所に使用許可をお願いします。

※リサイクルや環境問題のイベントということで、一部公園使用量の減免を受けております。ありがたいです。

■企画書を作成します。

■イベント保険に加入します。

■チラシを作成します。

■チラシを配布します。

■出展者にお知らせをします。

■入金管理をします。

■スタッフ打合せをします。

■ステージの出演調整をします。

■予算を作成します。

■前日準備をします。

■机や椅子の手配をします。⇒返却します。

■テントなど必要備品を移動します。⇒返却します。

【5】保健所関連 千葉市保健所 保健福祉局 食品指導班

千葉市総合保健医療センター2階
電話:043-238-9934 FAX:043-238-9936

■2016.5月新情報(確認者/東)

■提出用様式リンク 

屋台免許をもっている人は、登録料理+アルコール含む1ドリンクはOK

(ただしカキ氷免許はソフトドリンク1種類OK/アルコールNG)

・・・つづく・・・。

【2007年の様子】会場は違いますがアースデイちばの雰囲気がわかるケーブルTVの放送です。